【2024年最新】動画変換フリーソフト・フリーサイトおすすめ(使い方付き)

動画変換とは、簡単に動画のファイルフォーマットを変換する意味です。普通のMP4から専用の動画フォーマットに変更する場合もあれば、専有フォーマットから汎用のMP4に変換する場合もあります。現在、ネット上には様々な動画変換ツールがあるが、どれがいいかわからない場合、本記事をご覧ください。

どうして動画を変換する必要はあるか?

まずは、なぜ動画を変換するのか?という動画変換の必要性を説明しておきましょう。実際には、日常生活に動画のフォーマットを変換する必要のある場合がかなり多いです。一番利用率が多い場面としては、一部のSNSに動画をアップロードする場合、動画の容量とフォーマットが制限されています。例えば、他のフォーマットより汎用のMP4のほうがどんなサイトにもアップロードできます。しかも容量として比較的に小さいです。なので、使いやすい動画変換ツールを利用するのが大切ですね。

動画を変換できるおすすめフリーソフト

それでは、動画変換機能を持っているフリーソフトを3つおすすめします。それぞれの基本情報、メリット、デメリットと利用方法を詳しく説明します。

動画を変換できるおすすめフリーソフト1:UniFab 動画変換

UniFab 動画変換とは、DVDFab会社が運営しているUniFabシリーズの製品です。UniFabはMP4、MKV、AVI、WMVなど、1000以上の動画形式に対応しています。どんな設備でも使えるように、動画変換が必要です。また、UniFab 動画変換はDVDFab会社開発の製品なので、アフターサービスの保証もよくて、購入する前にもお試し期間があり、安心してご利用いただけます。

UniFab 動画変換の基本情報

開発元DVDFab
対応OSWindows(64Bitのみ)
対応するフォーマットMP4、MKV、AVI、WMVなど、1000+の動画フォーマットに対応
値段

無期限版:10000円(2024/5時点)

無料お試しあり

UniFab 動画変換の特徴:

  1. 動画変換機能として、1000以上のフォーマットに対応しており、どんなデバイスにも対応できます。
  2. 動画の品質を確保するまま、動画フォーマットを変換することができます。
  3. コーデック、フレーム/ビット/サンプルレート、解像度、エンコード方法、チャンネル、字幕などの簡単な動画編集機能も持っています。
  4. 動画変換以外にはトリミングが機能あって、動画の先頭部分、末尾部分又は任意の部分を効果的にトリミングできます。

それでは、UniFab 動画変換の使い方を見てみましょう。

まず、UniFab 動画変換を無料ダウンロードして、パソコンにインストールしてください。真ん中の「クイックインストール」をクリックしてください。

output.png

そして、UniFabが自動的にインストールします。進捗も表示されます。

8f827661-644a-4cc8-ae3f-e356f9606a61.png

インストール完了したら、ソフトを起動してメイン画面に入りましょう。メイン画面の左側に「Convert」をクリックしてください。

1.png

そして、真ん中の「+」をクリックして、フォーマットを変換したい動画を入れましょう。

2.png

例えば、ここでMP4の動画を入れて、MKVに変換します。そして、右側の「フォーマット」をクリックして、「プロファイル」の選択で変換したいフォーマットをクリックします。ここで「MKV」「720P」をクリックしましょう。

3.png

画面に戻ると、変換後フォーマットの情報が確認できます。そして、保存先をチェックしたら、「開始」をクリックしましょう。すると、UniFab動画変換が自動的に作業を始めます。

4.png

これで、UniFab動画変換でMP4の動画をMKVにしました。初心者でも使える簡単な操作ですよね。しかも、UniFab動画変換を利用するときに、なにか不具合が発生しても、24時間対応のカスタマーサポートがあります。安心・安全で利用できるソフトです。

動画を変換できるおすすめフリーソフト2:Freemake Video Converter

image016.png

Freemake Video Converterは、動画変換フリーソフトとして、MP3、MP4、AVI、MKV、WMV、3GP、SWF、FLV、HD、MOV、DVD、RM、QT、TS、MTS、Frapsなど500以上の形式をサポートしています。その他に、ニコニコ動画、Dailymotionのストリーミングメディアで再生されるアニメーションを取得します。 ビデオクリップからオーディオを抽出したり、MP3、AVI、WMV、MKV(h.264、h.265hevc)、DVD、MP4に変換できます。

Freemake Video Converterの基本情報

開発元FREEMAKE
対応OSWindows
対応するフォーマットMP4、MKV、AVI、WMVなど、500の動画フォーマットに対応
値段

無期限版6000円(2024/5時点)

無料版あり

Freemake Video Converterの使い方

image017.png

使い方としても簡単です。3STEPで完了できます。

STEP1:Freemake Video Converterに動画を追加します。

STEP2:変換するフォーマットを選択します。

STEP3:ファイルを変換します。

Freemake Video Converterのデメリット:しかし実際に使ってみると、Freemake Video Converterは無料で使用していると、有料オプションへ誘導されてしまいます。また、「余計なソフトが入る」「ウイルスが入ってくる」という口コミもあるそうです。

動画を変換できるおすすめフリーソフト3:Any Video Converter

image019.png

Any Video Converterとは、多種多様な機能を持つ動画変換、編集、ダウンロードソフトです。動画変換、編集機能が充実しています。動画変換はもちろん、動画のフォーマットを変換して、解像度も向上させる機能を持っています。一括で複数の操作ができるソフトです。

Any Video Converterの基本情報

開発元AVC
対応OSWindows、MAC
対応するフォーマットMP4、MOV、MKV、TS、MPEG、AVI、WMV、WEBM などのさまざまな動画形式
値段

無期限版6800円(2024/5時点)

無料版あり

Any Video Converterの使い方

image021.jpg

使い方も簡単です。

STEP1:「動画を追加」をクリックします。

STEP2:変換するフォーマットを選択します。

STEP3:変換を開始します。

Any Video Converterのデメリット:無料版の場合、動画編集機能が利用できません。ビデオからビデオ、ビデオからオーディオへの変換のみできます。

動画変換おすすめフリーサイト

動画を変換するツールとして、ソフト以外に、今ではオンラインサイトでもこのような操作ができるようになりました。しかも、オンラインサイトの操作がソフトより簡単で、初心者にふさわしいです。でも、オンラインサイトは無料で利用できるものが多いので、その安全性を100%確保できません。個人利用はいいですが、ビジネス用の場合はご遠慮ください。

動画変換おすすめフリーサイト1:Online video converter

image023.png

Online video converterとは、123APPSが開発した動画変換のオンラインサイトです。ブラウザ上で瞬時にビデオファイルを変換する無料のWebアプリケーションです。 ビデオのフォーマット、解像度、サイズを変更できます。無料で使える動画変換サイトですが、最大4GBまでのファイルをアップロードして変換可能です。また、変換する回数の制限もありません。

Online video converterの使い方

サイトに示したように、3STEPで完了できます。

STEP1:「ファイルを開く」をクリックします。

STEP2:変換するフォーマットを選択します。

STEP3:「変換」をクリックして作業を開始します。

Online video converterのデメリット:変換回数が無制限ですが、複数の動画を一括に操作することができません。また、無料サイトなので、セキュリティ上の保証が心配です。ビジネス用には向いていません。

動画変換おすすめフリーサイト2:Free Convert

image025.png

Free Convertは無料で動画・音声ファイルを変換できるフリーサイトです。動画フォーマットの変換以外に、ビデオの場合は画面サイズ、コーデック、フレームレート、字幕の追加などもできます。オーディオの場合、音量の調整、フェードインなどの設定もできます。無料のサイトとはいえ、非常に機能が充実しています。

Free Convertの使い方

操作が非常に簡単です。3STEPで完了できます。その他に、詳細設定もあるので、必要があれば設定可能です。

STEP1:「ファイルを選択」をクリックします。

STEP2:変換するフォーマットを選択します。

STEP3:「変換」をクリックして作業を開始します。

Free Convertのデメリット:最大1GBのファイルをアップロードできます。実際に出力した動画が再生できない場合もあります。また、フリーサイトの共通点として、安全性の心配があります。

まとめ

本記事では、動画変換機能を持っているフリーソフト、フリーオンラインサイトについてそれぞれおすすめしました。個人利用の場合は、どれでもいいですが、もし重要なファイルを編集したい場合は、やはり安全性が確保できるソフト:UniFab動画変換のほうがいいですね。フリーソフトの中にも、実際に利用する実感からすると、UniFab動画変換がおすすめです。無料体験版もあるので、ぜひ、使ってみてください。

本記事では、動画変換機能を持っているフリーソフト、フリーオンラインサイトについてそれぞれおすすめしました。個人利用の場合は、どれでもいいですが、もし重要なファイルを編集したい場合は、やはり安全性が確保できるソフト:UniFab 動画変換のほうがいいですね。フリーソフトの中にも、実際に利用する実感からすると、UniFab動画変換がおすすめです。無料体験版もあるので、ぜひ、使ってみてください。

IT機器、ガジェットの最新モデルをキャリアのベテランが辛口レビュー。使いこなしなどのワザもお届けします!わかりやすさをモットーに紹介しています。映画ファンなので、お得により良い視聴体験を得る情報も発信します。