HDRとSDRの違いを徹底解説!HDRからSDRに変換する方法も詳しく!

HDRとSDRは、映像技術における重要な概念です。HDRは、より広い色や明るさの範囲を表現することができるため、よりリアルな映像体験を提供します。一方、SDRは従来の映像技術であり、一般的に使われている標準的なダイナミック・レンジを持っています。 本記事では、HDRとSDRの違いや、効果の比較を詳細に解説していきます。さらに、SDRからHDRへの変換方法についてご紹介します。HDRとSDRについて深く理解し、自身の映像体験をより豊かにしましょう。

SDRとは?HDRとは?

SDRStandard Dynamic Range)とは、一般的な映像やテレビ放送で使用されている規格のことを指します。SDRは、一定の輝度範囲と色深度を持ち、通常は8ビットの深さで表現されます。この技術は、従来の映像コンテンツやディスプレイに広く使用されています。

HDRHigh Dynamic Range)とは、映像表現技術の一つであり、従来のSDRよりも広いダイナミックレンジを持つ高品質な映像を実現するための技術です。従来のSDRでは再現できなかった明るい部分と暗い部分の差をより自然に表現することが可能となります。これにより、よりリアルで臨場感のある映像体験を提供することができます。

sdr vs hdr.jpg

HDRの規格

主要なHDRの規格には、HDR10Dolby VisionHLGHybrid Log-Gamma)などがあります。

  • HDR10: HDR10は、最も一般的なHDR規格であり、静止画と動画の映像に高い品質をもたらします。HDR10は、10ビットの色深度をサポートし、最大1,000 nitの輝度を実現します。広い色域や高いコントラスト比を実現し、視聴者に臨場感ある映像体験を提供します。HDR10に改良を加えたHDR10+もあります。
  • Dolby Vision: Dolby Visionは、Dolby Laboratoriesによって開発された次世代のHDR規格です。HDR10よりも高い輝度やコントラストを持ち、12ビットの色深度に対応します。Dolby Visionは、フレームごとにメタデータを調整し、最適な映像品質を実現します。映画館で使われるようなプレミアムな体験を自宅で提供します。
  • HLGHybrid Log-Gamma: HLGは、放送業界で採用されているHDR規格であり、HDR10と比べるとシンプルな方式を採用しています。HLGは、SDRHDRの両方をサポートし、さまざまなディスプレイや放送標準に対応しています。将来的な放送技術の普及に期待されています。

これらの主要なHDRの規格は、どの規格も独自の特徴を持ち、ディスプレイやコンテンツに最適なHDR規格を選択することが重要です。

HDRSDRの違い

HDRSDRの最も大きな違いは、色彩表現の豊かさです。HDRは、広い色域を持ち、より鮮やかで自然な色合いを表現することができます。一方、SDRは色域が狭く、色の表現が制限されています。

その他、SDRは、一般的なテレビやモニターでサポートされており、多くの家庭用機器やディスプレイで利用可能です。一方、HDRは比較的新しい技術であり、対応するディスプレイやメディアプレーヤーが必要になります

特徴HDRSDR
明るさの表現範囲    ★★★★★★★★
色の表現範囲    ★★★★★★★★
輝度レベル    ★★★★★★★★
コントラスト比    ★★★★★★★★
ファイルサイズ大きい小さい
対応デバイス    少ない多い

従来のSDRと比較して、HDR映像は色合いやコントラストがより際立っており、映像の臨場感をより一層高めることができます。しかし、HDR映像を最大限に楽しむためには、HDR対応のディスプレイ機器やコンテンツが必要となりますので、ご利用の環境に合わせてお楽しみいただくことをおすすめします。

HDRSDRの効果比較

HDRSDRの違いを理解するために、まずはその効果を比較してみましょう。

HDRHigh Dynamic Range)は、より広いダイナミックレンジを提供します。これにより、明るい部分と暗い部分の差がはっきりとしており、よりリアルな映像体験を提供します。一方、SDRStandard Dynamic Range)は、比較的狭いダイナミックレンジを持ち、明るさや色彩の表現が制限されています。

効果的に比較すると、HDRはより鮮明で色鮮やかな映像を提供します。映画やゲームなどのコンテンツを視聴する際、HDRによって細かい色のニュアンスや光沢がよりリアルに表現され、没入感が増します。一方、SDRは昔ながらの映像表現であり、色彩やコントラストがやや物足りないと感じるかもしれません。

hdr-vs-sdr-0-jpeg.webpa9a67d8c49ef9687fe8e6b13c3ef232d.jpg

でも、HDR バージョンの方が色のコントラストが高く、ダイナミック レンジが優れていますが、黄色のボックスで囲まれた位置に注目してください。 SDRでは肩アーマーの細部がはっきりと見えますが、HDRでは水槽の頭の肩アーマーの細部が非常に暗くなってしまい、肩アーマーの細部をはっきりと見たい場合は近くで見る必要があります。 ただし、HDRの色はSDRよりも夜っぽい雰囲気があると言わざるを得ません。

screenshot-20240417-105324.png

結論として、HDR  SDR にはそれぞれ独自の長所と短所がありますが、HDRはより現実に近い映像を提供し、視聴者に没入感をもたらします。一方、SDRはより従来の映像表現であり、古典的な雰囲気を楽しみたい人に適しています。

SDRからHDRへの変換方法

SDRからHDRへの変換は、映像の品質を向上させ、よりリアルな視覚体験を提供する重要なプロセスです。通常、SDRからHDRへの変換にはいくつかの異なる方法があります。最も一般的な方法は、専門ソフトウェアを使用してSDRからHDRへ変換することです。特定のアルゴリズムを使用して、画像の動的レンジや色の再現性を向上させます

ここでは、最先端のAI機能が活用しているHDR映像変換専門ソフトUniFab HDR アップスケーラー AIをおすすめです。

hdr-upscaler-ai

UniFab HDR アップスケーラー AIは、動画をHDR10またはDolby Visionにスケーリングアップし、AI知能でSDR映像の輝度や色の情報を分析でき、細かいHDR映像の効果を再現できます。ハードウェアアクセラレーション技術を駆使して、最速の変換速度を提供します。

UniFabには30日間の無料トライアルがありますので、無料タウンロードにして効果的に変換することが可能です。驚異的なHDR品質の視聴体験を楽しんでください!

特に、UniFab HDR アップスケーラー AI2つのHDR10ビデオモード(ユニバーサルとシネマ)が用意されており、さまざまな視聴シナリオに対応しています。

  • ユニバーサルモードの場合、明るくなり、より鮮やか色表現、リビングルームのような照明があまり良くない環境に適しており、高い輝度はそのような環境でもビデオの細部を見ることができます。自然風景、特殊効果シーン、夜間撮影などあらゆる動画が色彩効果を大幅に改善できます。
  • シネマモードの場合、ビデオは輝度範囲が高く、明暗の関係がはっきりし、効果がよりリアルになり、広大なシーンのレイヤーがより良く、より立体的に処理されます。

screenshot-20240328-130443.png

スペースを考慮して、最適なモードを自由に選択できます。

また、サポートされているデバイスによって色空間が異なる可能性があるため、DCI-P3Rec.2020オプションも提供されています。

UniFabでHDRへ変換の操作手順

それでは、UniFab HDR アップスケーラー AIでSDRをHDRにアップスケーリングする方法をご紹介します。

【ダウンロード・インストール】

まず、UniFab HDR アップスケーラー AIを無料タウンロードして、パソコンにインストールしてください。インストーラーに「クイックインストール」をクリックしてください。

output.png

すると、UniFabが自動的にインストールされます。少々お待ち、インストール完了します。

5ba2b418-ce0d-4f5f-ae2d-29b2f37adb4c.png

SDRからHDRへ変換

UniFab HDR アップスケーラー AIを起動し、メイン画面の左側にある「HDRアップスケーラー」を選択して、真ん中の「+」をクリックしてHDR作業したい動画をインプットしましょう。

screenshot-20240328-132339.png

そして、動画の詳細情報が出って、「HDR10」を選択し、SDRをHDR10にアップスケールします。

screenshot-20240328-132432.png

また、モードの選択ができます。右側の「設定」をクリックすると、このような画面が表示されます。「出力・ビジュアル・モード」で、「シネマモード(高速)」、「シネマモード(高画質)」、「ユニバーサルモード」が選べます。お好みに応じて、モードを選択して出力することができます。

screenshot-20240328-132459.png

設定したら、保存先をチェックして、「開始」ボタンを押せば、作業が始まります。

screenshot-20240328-132553.png

HDRに関するよくある質問

動画がHDR動画かどうか判別する方法ってありますか?

動画自体がHDRであるかどうかを判別するのは難しいです。動画ファイルのメタデータを確認することが必要です。HDR動画に特定のメタデータや色情報が組み込まれており、例えば、色域が BT.2020、伝達関数が PQ または HLG、エンコードのビット深度が 10 ビット/12 ビットなどで判断できます。

でも上記のUniFabなら、ただ動画のアップロードで動画がHDR動画かSDR動画か確認できます。初心者も利用でき、大変オススメです。

difference-between-hdr-and-sdr-ZVjL.jpeg

デバイスがHDR対応かどうかを確認する方法は?

幸いにも、デバイスがHDRに対応しているかどうかを簡単に確認する方法がいくつかあります。

最も簡単な方法は、デバイスの仕様に目を通すことです。製造元のウェブサイトや取扱説明書などの情報源にHDRのサポートに関する情報が記載されている可能性があります。HDR10Dolby Visionのサポートが明記されていることが、デバイスがHDR対応である確実なサインと言えます。

もう一つの方法は、デバイスの設定メニューをチェックすることです。一般的に、デバイスの設定メニューにHDRに関するオプションが表示されています。設定メニュー内でHDRWide Color Gamutなどのオプションが見つかれば、デバイスがHDR対応であることがわかります。

最後に、オンラインでデバイスの型番を検索することも有効です。そのデバイスを購入する前に、他のユーザーの意見や情報を参考にすることで、確認作業を補完することができます。

まとめ

HDRSDRの違いは、色彩やコントラストの表現方法にあります。HDRは、より広い色域とダイナミックレンジを持ち、リアルな映像を実現します。一方、SDRは従来の映像技術であり、限られた色域とコントラストで映像を表現します。

SDRからHDRへの変換方法もありますが、実際にAI機能を活用した動画編集ソフトUniFab HDR アップスケーラー AIは、高速、高精度、多モードのためにおすすめです。HDR動画の編集に悩んでいる方は、ぜひ無料でダウンロードして実際に利用してみてください。

IT機器、ガジェットの最新モデルをキャリアのベテランが辛口レビュー。使いこなしなどのワザもお届けします!わかりやすさをモットーに紹介しています。映画ファンなので、お得により良い視聴体験を得る情報も発信します。