【最新】ビデオカメラを買うならPanasonic?どの機種がいい?パナソニックでHDR画質の動画が撮る?完全解説!

ビデオカメラを使って、日常生活を記録するか、4K画質のビデオを撮って楽しめたいというのもいいですね。実際にどのビデオカメラを使えばいいなのか。Panasonicのビデオカメラの口コミ、体験感は一体どうなんでしょう。各人気機種の対応する画質やカメラの特徴、手ブレ補正機構などをまとめていきます。また、Panasonicの高機能カメラを持っていなくても、ソフトを利用して高画質ビデオを作成する方法をご一緒に!見逃さないでくださいね。

Panasonic(パナソニック)のおすすめ機種

それでは、現在Panasonic(パナソニック)の人気機種をご紹介しましょう。現在Panasonicビデオカメラの販売公式サイトには過去機種と現行機種の一覧があります。これからは、デジタル4Kビデオカメラを三つ紹介します。それぞれ、Panasonic HC-VX2MS、HC-VX992MS、HC-WXF1M/WZXF1M(生産完了品)です。

Panasonic HC-VX2MS

2.png

Panasonic HC-VX2MSは高画質の4K動画を撮影するのにぴったりです。ネット上の口コミが良くて、手ブレ補正力が高く、画質もきれいというメリットがあります。価格としては税込87,000円前後で少し高いですが、機能が充実しているビデオカメラです。

Panasonic HC-VX2MSの仕様(抜粋)

動画記録画素数2160/30p:3840x2160/30p、2160/24p:3840x2160/24p、1080/60p:1920×1080/60p、PH/HA/HG/HE:1920×1080/60i、MP4:1920×1080/60p、1920×1080/24p 、1280×720/30p
静止画記録画素数写真撮影モード[16:9]25.9M、14M、2.1M[4:3]20.4M、10.9M、0.3M
動画撮影モード[16:9]4Kモード:20.4M、8.3M FHDモード:14M、2.1M
録画時間内蔵メモリー使用時:最大約27時間30分(HEモード時)
有効画素数動画時:K:829万(16:9)/ FHD:617万(16:9)(傾き補正:切またはノーマル時)
静止画時:829万(16:9)/ 622万(4:3)
モニター3型ワイド液晶モニター(約46万ドット)

Panasonic HC-VX2MSは以上の仕様があり、高機能・高性能で4K撮影できます。本体重量が430g(バッテリー除く)で、小型で軽量なので、持ち運びやすいビデオカメラが欲しい方におすすめです。また、Panasonic HC-VX2MSは以下の機能を持っています。特に、HDR動画モードが搭載!

HDR動画モード

3.png

HDR(ハイダイナミックレンジ)動画記録は、逆光撮影時に明るい被写体と暗い背景を合成して撮影することができます。風景がぼやけたり、文字が暗くなったりする失敗を減らし、目で見たイメージに近い映像を記録できます。人物用に明るく撮影+背景用に暗く撮影と合わせて、HDR動画に合成させます。暗い部分を白い部分でぼかし、明るい部分を黒い部分でぼかした画像を合成することで、より目で見たものに近い画像を記録しています。

ズームしてもブレがない

4.png

超解像技術も持っており、被写体の特徴を認識することで解像度を向上させ、ズーム時に美しい描写力を発揮できます。

高画質の4K画像

5.png

フルハイビジョンの約4倍の画質を持つ4Kは、スポーツの試合や発表会などの学校行事、お子様の成長、家族旅行など、楽しい思い出を異次元の高画質で残すことができます。

手ブレを自動で補正

6.png

5軸ハイブリッド手ブレ補正という機能で、ジャイロセンサーで検出されたジッターは、手ブレ補正エンジンで毎秒4000回転の高速で処理され、レンズで自動補正されます。電子式手ブレ補正+光学式手ブレ補正でどんな時にも適用できます。

Panasonic HC-VX992MS

7.png

Panasonic HC-VX992MSに対して、ネット上のレビューによりますと、4K画質の良さに驚いたということが魅力点だそうです。値段としては76,000円前後で、軽量・コンパクトで4K画質の撮影ができるビデオカメラです。

Panasonic HC-VX992MSの仕様(抜粋)

光学ズーム20倍
iAズーム4K 25倍  
フルHD 40倍
レンズ広角4K 30.8mm(35mm換算)
重量サイズ本体質量(バッテリー含まず):約355g
外形寸法(突起部含む):幅65mm×高さ73mm×奥行139mm(同梱バッテリーパック非装着時)
録画時間(内蔵メモリー)約1時間50分(4K30p時)
約27時間30分※(HEモード時)

特に、Panasonic HC-VX992MSは前に紹介した機種と比べて、値段が下がったが、機能が大幅に削減されていません。HDR動画モードも付いています。HC-VX992MS機種では、機種本体のHDRボタンを押せば、HDR動画モードに変換でき、HDR動画の撮影ができます。もちろん、前機種の手振れ補正、傾き補正などの機能もあります。

それに、Panasonic HC-VX992MSは専用アプリによって携帯との連携が良くて、「4K AIR」で動画を撮影中に、スマホで撮っている動画も液晶モニター上に子画面として表示させる機能も持っています。

8.png

Panasonic HC-WXF1M/WZXF1M

9.png

Panasonic HC-WXF1M/WZXF1Mの仕様(抜粋)

光学ズーム24倍
iAズーム4K 32倍
フルHD 48倍
レンズ広角4K 25mm(35mm換算)
重量約460g/約466g(レンズフード装着時)
録画時間(内蔵メモリー)約1時間50分(4K30p時)
約27時間30分※(HE モード時))

Panasonic HC-WXF1M/WZXF1Mは現在販売完了の機種で、最新機種ではありません。このビデオカメラが新しいセンサーと高機能のレンズが搭載され、さらに美しく鮮明に進化した4K高画質な撮影に対応しています。また最新人気機種と同じように、逆光でもきれいに写真を撮影できるHDR機能がついています。カメラのHDRボタンを押すだけで、撮影モードがHDR動画モードに切り替わり、ブレや人物の暗さによる失敗を抑え、より見た目に近い映像を撮影できます。現在この機種がPanasonicの公式サイトから購入することができません。中古品か、Yahooなどのサイトから購入することが可能です。

图片12.png

HDR機能がついていない機種に対して、HDRアップスケールする方法

先ほど紹介した人気機種は、全部HDR機能がついていることに気付いましたか?この機能は最近のビデオカメラとして必需の機能です。でも、この前に購入したPanasonicのビデオカメラは、この機能がついていないかもしれません。このように高画質のビデオにしたい場合、Panasonic最新機種を購入しなければならないのでしょうか?実は、そうではないです。HDRアップスケールソフトのご利用が可能です。

おすすめソフト:UniFab HDR アップスケーラー AI

613.webp

それでは、普通のビデオをHDR機能処理後のビデオにする場合、UniFab HDR アップスケーラー AIというソフトがおすすめです。このソフトはDVDFab会社が運営するAI製品の一つです。初心者でも使えるように操作画面が簡単で、ビデオをHDR10またはドルビービジョンビデオにアップスケールできます。特に、AI技術が搭載されているが、技術に詳しくない方にも利用できます。

このソフトは無料で利用可能!ここで、 30日間全機能無料で体験してみてみましょう!

UniFab HDR アップスケーラー AIの特徴:

  • 先端モデルの開発で、自然風景、特殊効果シーン、夜間撮影などあらゆる動画が色彩効果を大幅に改善できる。
  • Dolby Vision品質にアップスケールがサポート、没入感のある視聴体験を提供できる。
  • 画質の向上だけでなく、動画の編集などの機能も満載します。
  • 30日間無料お試し期間があり、初めての方に安心にお試しできます。

UniFab HDR アップスケーラー AIのモード

また、UniFab HDR アップスケーラー AIには強大な機能を持っており、「シネマモード(高速)」、「シネマモード(高画質)」、「ユニバーサルモード」という3つのモードがあります。それぞれ、対応しているシーンがあります。

图片6.png公式サイトはこの図で3つのモードをまとめました。簡単にいうと、シネマモードとユニバーサルモードと分かれています。また、シネマモードにも高速、高画質をさらに分けました。高速の場合は、品質ロスが少ない状態で、スピード早く生成できるモードです。高画質の場合は、品質を維持するまま作業します。

screenshot-20240328-130443.png

普通のHDRにしたいなら:ユニバーサルモード

一般的にはユニバーサルモードだけで十分です。このモードはやや明るくなり、リビングルームのような照明があまり良くない環境に適しており、高い輝度はそのような環境でもビデオの細部を見ることができます。

明暗関係に気になるならシネマモード

シネマモードの場合、ビデオは輝度範囲が高く、明暗の関係がはっきりし、効果がよりリアルになり、暗い環境でのビデオの高輝度が視力を損なう心配はありません。明暗関係、画面の質にこだわりの方にはこのモードがおすすめです。

まとめると、全体的に細部まで明るくしたい場合はユニバーサルモードがおすすめします。細部の明暗関係に気になる方には、シネマモードがおすすめです。シネマモードの高速・高画質の選択については、ご自身の需要に応じて選べばいいです。

UniFab HDR アップスケーラー AIでSDRをHDRにアップスケーリングする方法

それでは、UniFab HDR アップスケーラー AIでSDRをHDRにアップスケーリングする方法をご紹介します。

まず、UniFab HDR アップスケーラー AIを公式サイトからダウンロードして、パソコンにインストールしてください。インストーラーに「クイックインストール」をクリックしてください。

output.png

すると、UniFabが自動的にインストールされます。少々お待ちください。

5ba2b418-ce0d-4f5f-ae2d-29b2f37adb4c.png

インストール完了したら、UniFab HDR アップスケーラー AIを起動しましょう。メイン画面の左側にある「HDRアップスケーラー」を選択して、真ん中の「+」をクリックしてHDR作業したい動画をインプットしましょう。

screenshot-20240328-132339.png

そして、画面が以下のようになります。詳細情報には、「HDR10」と表示しています。SDRをHDR10にアップスケールします。

screenshot-20240328-132432.png

また、UniFab HDR アップスケーラー AIではモードの選択ができます。前述したように3つのモードがあります。右側の「設定」をクリックすると、このような画面が表示されます。「出力・ビジュアル・モード」で、「シネマモード(高速)」、「シネマモード(高画質)」、「ユニバーサルモード」が選べます。お好みに応じて、モードを選択して出力することができます。

screenshot-20240328-132459.png

設定したら、下の保存先をチェックして、「開始」ボタンを押せば、UniFab HDR アップスケーラー AIは自動的に作業を終了します。

screenshot-20240328-132553.png

作業が完了するまでお待ちください。UniFab HDR アップスケーラー AIで簡単な操作で古いPanasonicのビデオカメラで撮ったものを最新機種が撮ったHDR動画・写真に変換できます。無料お試し期間もあるので、手軽にトライアルできます。

まとめ

本記事では、Panasonicの人気機種を3つ紹介しました。それ��れ独自の機能を持っているが、HDR機能という最近の技術が搭載されています。しかし、古い機種としてはこの機能がついていないので、普通のビデオ・写真をHDR処理したものにするには、新機種を買うではなく、おすすめのUniFab HDR アップスケーラー AIでどうがをHDRにアップスケールすることができます。ぜひ、試してください。

IT機器、ガジェットの最新モデルをキャリアのベテランが辛口レビュー。使いこなしなどのワザもお届けします!わかりやすさをモットーに紹介しています。映画ファンなので、お得により良い視聴体験を得る情報も発信します。