【AI】動画を高画質化するフリーソフトおすすめ【Windows向け】

昔に撮った動画や古いドラマなどを現在の最高画質にして視聴したいでしょうね。古い動画は荒くて画質がよくないですが、画質を上げる方法はありますか?ネット上では様々な動画編集ソフトがありますが、どれを選択すればいいかと困っている方がいらっしゃいますね。それでは、最新のAI技術を利用して、簡単に使える動画の画質を向上させるソフトについてご紹介しましょう。

動画の高画質化について

動画の高画質化とは、元々低解像度の動画を高解像度の画質のいい動画に変換することです。具体的には動画のフレームレート、ビットレート、解像度、明るさ、コントラストの調整によって変換できます。

では、どんなときに動画の高画質化が必要でしょうか。例えば、昔の古い機種で撮った低解像度の写真・動画を、新機種を購入せずに高解像度で視聴したいとき、または子どもの記念写真・ビデオを最新動画技術で視聴したいときなど、様々な場合が利用できます。

動画を高画質化すると、視覚的にビデオの品質が向上され、視聴の体験感も良くなります。

動画を高画質化にするフリーソフト5選(Windows)

PCを利用すれば、動画の高画質化が簡単にできます。現在、動画の高画質化にサポートしているソフトが数多くあります。その中に、筆者が実感したソフトをおすすめしましょう。

動画を高画質化にする一番おすすめソフト:UniFab 動画高画質化 AI

617.webp

UniFab 動画高画質化 AIはDVDFab会社が運営して、動画高画質化のための専門ソフトです。UniFab 動画高画質化 AIは名前通りにAI技術が搭載されています。動画編集などに詳しくなくても、UniFab 動画高画質化 AIが自動的に動画の細部まで識別して細かな部分を修復しながら解像度は1080P・4Kに拡大変換してくれます。また、UniFabのAIモデルは、動画コンテンツを認識、分析、強化するようによく訓練されており、よりリアルで鮮やかな視覚効果を提供できます。

この動画高画質化ソフトは無料で利用可能!ここで、 30日間全機能無料で体験してみてみましょう!

UniFab 動画拡大 AIの特徴

  • 720P(標準解像度)、1080P(フルHD)、さらには驚くべき4K(スーパーHD)まで動画の解像度を上げることができます。
  • AI機能で細かいところやぼやけた部分を修復し、ディテールの再現完璧に解像度4Kに向上します。
  • 低解像度のテレビ番組、白黒映画、自家製ビデオ、アニメーションを含めて、あらゆる種類の動画で印象的高画質化結果を提供できます。
  • FASTモデルを開発、他社より5倍速いスピードで動画の画質を上げることが完了できます。
  • 動画編集にサポートしクロップとトリム機能もあります。
  • DVDFab会社のDVD リッピング、Blu-ray リッピングと連携で、古いDVDも高画質化できます。

UniFab 動画拡大 AIの使い方

それでは、UniFab 動画高画質化 AIの使い方を紹介しましょう。

まず、UniFab 動画高画質化 AIをダウンロードして、パソコンにインストールしてください。真ん中の「クイックインストール」をクリックしてください。

output.png

すると、UniFabが自動的にパソコンにインストールされます。

5ba2b418-ce0d-4f5f-ae2d-29b2f37adb4c.png

インストール完了したら、UniFab 動画高画質化 AIを起動してください。メイン画面は以下の通りです。左側に「Enlarger」を選択してください。そして、真ん中の「+」をクリックして、画質を上げたい動画をいれましょう。

6.jpg

動画をいれたら、詳細情報が表示されます。元々の画質情報と変換したい画質が選べます。例えばここで480P画質の動画を1080Pに変換して、1080Pを選択すればいいです。保存先を確認したら、「開始」ボタンを押すだけで、UniFab 動画高画質化 AIが自動的にAI技術を運用して、細部まで高画質化します。

7.jpg

評価

高機能AIを利用、効果的に荒い画像を綺麗にする同時、初心者でも使える簡単な操作、30日間の全機能無料トライアルがあり、安全性・信頼性も高いです。

実際に使って比べてみると、筆者の実感にはUniFab 動画高画質化 AIが一番おすすめします。特に、動画編集などのプロ知識が詳しくない方にオススメです。但し、ご注意すべきのは、今Windowsのみに対応しております。

Topaz Video AI 4

8.png

Topaz Video AI 4とは、アメリカのIT企業「TopazLabs」がリリースした「TopazVideoAI」で、最先端のAI技術を駆使して低画質・低解像度の動画を高画質に変換するソフトです。Topaz Video AI 4は、業界 "最強 "と呼ばれた「Topaz Video Enhance AI」から名称を変更し、「Topaz Video AI」としてリニューアルしました。

Topaz Video AI 4で動画を高画質化にできます。ビデオの「Input」の横には、元の解像度とフレームレートが表示されます。「Output」では、出力解像度を設定できます。解像度を設定するには、画像の赤枠部分をクリックしてプルダウンメニューを表示します。使用用途やパソコン環境に応じて最適な拡大率や解像度を選んでください。ちなみに「カスタム解像度」を選ぶと、画麺の縦と横の長さを自由に調節できます。

9.jpg

評価
専門的な動画編集ソフトなので、全部の機能を理解するには時間がかかります。自由度が高い同時に学習コストも高いで、とにかく動画高画質化専門知識があり、動画編集に慣れった方は試してみる価値があるでしょう。ご注意すべきのは、Topaz Video AI 4は英語表記で、日本語対応していません。動画編集するときに、難しい単語が英語であれば、理解が困難ですね。

winXvideo AI 

10.png

winXvideo AIでは、AI技術を活用し、動画の高画質化、画像の鮮明化、フレーム補間や手ブレ補正を自動で一括して実現できます。特に画像の画質を処理して、品質を向上させます。

実際にwinXvideo AIで動画の高画質化をするには、まず動画を読み込んでください。そして、「AI動画高画質化」を選択して、スケールを選択すればいいです。例えば、1280x720の動画であれば、2倍で2560x1440、3倍で3840x2160、4倍で5120x2880です。最後に「RUN」をクリックするだけで自動的に処理します。

11.jpg

winXvideo AIのデメリット

無料版はありますが、実際に無料で動画を高画質化にする場合、五分間以内の動画のみです。また、写真の場合、五枚だけ編集できます。永久ラインセンスを購入しても、PC一台だけ使えるが、別のPCに変えたら使えなくなります。

AVCLabs Video Enhancer AI

12.png

AVCLabs Video Enhancer AIとは、人工知能に基づくビデオアップグレードとビデオ品質強化ソフトウェアで、ニューラルネットワークを使用してビデオを標準画質から高画質に、高画質から4Kに、4Kから8Kにアップグレードし、超解像アップグレードとマルチフレーム強化機能を備えています。

AVCLabs Video Enhancer AIで画質を向上するにも簡単です。まずAVCLabs Video Enhancer AIにソース動画をいれます。そして、操作画面の右側には「出力」があります。そこに画質の選択ができます。オリジナルか、4Kかを選んで、「処理を開始する」をクリックするだけです。

13.jpg

AVCLabs Video Enhancer AIのデメリット

AVCLabs Video Enhancer AIはUniFab動画拡大AIと似た機能を持っていますが、無料体験が終わって購入すると、AVCLabs Video Enhancer AIが非常に高価だということがわかります。永久ラインセンスで43,978円もします。やはりコスパからすると、UniFab動画拡大AIのほうがいいです。

HitPaw Video Enhancer

14.png

古いビデオに大きな変化を 家族の物語を記録した古いビデオがたくさんあります。実際、これらのビデオのいくつかは、見ることができないほどぼやけています。しかし、人工知能モデリングを搭載したHitPaw Video Enhancerはこの問題を完璧に解決できます。このソフトはワンクリックで100%自動動画高画質化という特徴を持っています。

HitPaw Video Enhancerの使い方として、他のソフトと似ています。ソース動画をいれていたら、操作画面で解像度の選択ができます。選択が終わったら、「エクスポート」をクリックするだけで自動的に処理します。

15.png

HitPaw Video Enhancerのデメリット

HitPaw Video Enhancerの値段としては、永久ライセンスが49,500で、少し高いです。また、同じように1PCしか利用できません。このソフトはMac、Windowsとともに対応していますが、WindowsライセンスはMacで、MacライセンスはWindows PCでアクティベートすることはできません。両方利用の場合は2つのライセンスを購入しなければならないので高いです。

まとめ【比較表あり】

ソフト機能値段(永久)気になる点おすすめ度
UniFab 動画高画質化 AIAIで動画画質の向上、AIで画質の修復17500円Windowsのみに対応5
Topaz Video AI 4 動画高画質化、ノイズ除去、手ぶれ補正、スローモーション作成299ドル日本語対応していません3
winXvideo AIAIで動画画質の向上4,480円Windowsのみに対応、全機能無料お試しできません4
AVCLabs Video Enhancer AI動画画質の向上、白黒動画に色付け、修復など43,978円価格高い3
HitPaw Video EnhancerAI復元、動画鮮明化、解像度拡大など49,500円価格高い3

本記事では、動画の画質を上げるソフトを5つ紹介しました。紹介したソフトを表にまとめました。実は、動画を高画質化にするだけで、AI技術が搭載しているソフトで高画質化機能を持つだけで十分だと思います。他の機能がついていながら、それなりに値段が高くなります。また、様々な制限があります。なので、筆者の実際試用には、UniFab 動画高画質化 AIで動画の画質を上げるには十分だと思います。安心安全で利用できるし、操作が簡単です。ぜひ、ご利用ください~

IT機器、ガジェットの最新モデルをキャリアのベテランが辛口レビュー。使いこなしなどのワザもお届けします!わかりやすさをモットーに紹介しています。映画ファンなので、お得により良い視聴体験を得る情報も発信します。