【初心者向け】GoProとは?GoProどう選ぶ?GoProでHDR画質の動画が撮る方法?GoProの選び方と比較を全解説!

最近よく聞こえている「ゴープロ」とはなんですか?「ゴープロ」はGoProという英語で、最近流行っているカメラです。GoProはさまざまな機種があり、それぞれの仕様や機能も異なっています。GoPro初心者にとって、どの機種を購入すればいいかがわからないでしょうね。また、GoProをお持ちの方に対して4KやHDR画質の動画が欲しいなら、どうすればいいのですか、引き続き読んでください。

GoProとは?

图片1.jpg

早速ですが、GoProについてちょっとご紹介しましょう。

GoProは、さまざまなモデルがあり、普通のカメラと比べると、手のひらに収まるほど小型で、さまざまな位置に取り付けることができるという特徴を持っています。

GoProの使用シーンとしては、アマチュアからプロや、旅行からエクストリームスポーツまで、様々なシチュエーションで使用され、時にはテレビ番組の撮影にも使われます。特に、ショートビデオが流行っている現在、多くの人がGoProを使って自分の生活を記録してビデオを作成します。

GoPro現行機種の機能及び値段の比較

GoProはさまざまな仕様があり、機種も異なっています。価格は約3万円から6万円の幅です(モデルによって異なる)。現在、GoProのラインナップとしては、4機種あります。

图片2.png

現在GoProの公式サイトは「GoPro HERO12 Black」「GoPro HERO11 Black」「GoPro HERO11 Black Mini」「GoPro MAX」の4機種があります。それでは、それぞれの機種はどんな違いがあるか、どんな人にはどの機種に向いているのか、簡単にまとめて比較しましょう。

機種特徴値段
GoPro HERO12 Black
  • HDRに対応し、写真やビデオの色彩がより豊か
  • 視野角177度の超広角による4K60ビ��オ撮影を実現
  • 5.3K60、4K120、2.7K240のビデオ解像度
  • 水深10mまでの防水性と、衝撃をものともしない耐久性など

55,400円

公式サイト価格

GoPro HERO11 Black
  • ハイライトビデオを自動編集
  • 5.3K60+4K120解像度
  • HyperSmooth5.0ブレ補正
  • 水深10mの防水性能
  • 低温環境対応Enduroバッテリー

63,120円(税込)

Tajima価格

GoPro HERO11 Black Mini
  • ハイライトビデオを自動編集
  • 5.3K60+4K120ビデオ
  • HyperSmooth5.0ブレ補正
  • シンプルなワンボタンコントロール
  • 水深10mの防水性能
  • ビルトイン デュアルマウントフィンガー

52,000円(税込)

Tajima価格

GoPro MAX
  • 3つのカメラが1つに
  • 6Kの360度ビデオ
  • 優れたスタビライズ
  • 臨場感あふれる360度オーディオ
  • 水深5mの防水性能
  • クラウド接続

77,000円(税込)

Tajima価格

比べてみると、最新品のGoPro HERO12 Blackのみ、HDRに対応しています。他の機種はHDR対応していません。画質としては、GoPro HERO12 Blackが最高画質の2.7K240に対応しています。GoPro HERO11 Black MiniとGoPro HERO11 Black Mini、GoPro HERO11 Blackは同じく5.3K60+4K120解像度です。Maxの方は、1080pライブストリーミングで最高のVlog撮影ができます。

それぞれの特徴や値段をまとめまして、特にユーザーにとって重要な要素、画質とHDR機能について詳しく説明しましたが、具体的にはどう選べばいいでしょうか?一緒に見てみましょう。

GoProの選び方

現行のGoProシリーズに対して、どのように選びますか?使用シーンを元に分けて説明しましょう。

長時間撮影を楽しみたく、HDR機能を利用したい方には:「GoPro HERO 12 Black」

图片3.png

GoProシリーズの最新モデルであるGoPro HERO 12 Blackは、撮影性能そのものはHERO 11と基本的に変わりませんが、電源管理の再設計により熱制御が大幅に改善され、撮影時間はHERO 11の約2倍になりました。公式サイトによると、GoPro HERO 12 Blackは先進のテクノロジーと長寿命のEnduro充電式バッテリーにより、寒冷地でのパフォーマンスはかつてないほど向上しています。

さらに、HERO 12 Blackは、他の機種のない機能、HDRビデオ/静止画のサポートにより、昼夜を問わず、従来モデルよりも鮮明なビデオ/画像を撮影できます。

最新品でなくてもいいが、綺麗な映像が欲しい方には:GoPro 11、12

图片4.png

GoProの用途として、ただ綺麗な動画、映像が欲しい方には、実際にGoPro12も11も、どちらも選択できます。もちろん、毎年更新されたGoProは必ずアップデートされた部分がありますね。しかし、HERO 11から最新のHERO 12にアップグレードしても、イメージセンサーとアスペクト比はほとんど変わっていないので、別に高価のHERO 12にしなくてもいいと思います。

しかし、HDR機能が必要だと思っている方には、やはりHERO 12ですね。単なるビデオの美しさだけを考えれば、おそらくHERO 11またはHERO 11 Miniで満足できるでしょう。

初めてGoProを購入する方には:GoPro HERO11 Black Miniをおすすめしない!

图片5.png


GoPro HERO11 Black Miniは、最上位モデルと同じ画質を低価格で提供するが、致命的なデメリットがあります。それは、HERO11 Miniにはプレビュー用のLCDディスプレイがなくて、静止画は撮影できず、バッテリーは取り外しできません。これらのデメリットは、実際にご利用の時、非常に不便です。そのため、価格だけでGoPro HERO11 Black Miniを初めてのGoProとして購入することを判断するのはおすすめできません。そのような場合は、HERO11やHERO10の初期モデルの方が使いやすいので、そちらを検討されるとよいでしょう。

旧機種のユーザーに:GoProで撮影した動画画質をHDRに上げる方法

従来のSDR動画は、ハイライトやシャドウのディテールが欠け、鮮明ではない映像になることが多く、それに対して、HDR動画は映像の輝度範囲を拡大し、より広い色域と高いビット深度でリアルな表現が可能になります。

上記も述べたように、現在GoProシリーズに最新機種のGoPro HERO 12 Blackだけが、HDR機能が付いています。それ以前の機種はHDR機能がありません。でも、HDR機能だけのためにGoPro HERO 12 Blackを新たに購入するのはちょっと贅沢ですね。それでは、過去機種のGoProで撮影したビデオをどうやって、HDR画質に向上しますか?なんと、実際にできるソフトが存在します!それが、UniFab HDR アップスケーラー AIです。

おすすめソフト:UniFab HDR アップスケーラー AI

613.webp

UniFab HDR アップスケーラー AIとは、DVDFab会社が運営するAI製品の一つです。このソフトを使えば、初心者でも簡単に一般動画をHDR10またはドルビービジョンにアップスケールできます。特に、AI技術が搭載されているので、シンプルで超高速で作業できます。

このHDR アップスケーラー AIは無料で利用可能!ここで、 30日間全機能無料で体験してみてみましょう!

UniFab HDR アップスケーラー AIの特徴:

  • 先端モデルの開発で、自然風景、特殊効果シーン、夜間撮影などあらゆる動画が色彩効果を大幅に改善できる。
  • Dolby Vision品質にアップスケールがサポート、没入感のある視聴体験を提供できる。
  • SDRをHDR10にアップグレードし、HDR機器との最適な互換性を実現できます。
  • 画質の向上だけでなく、動画の編集などの機能も満載します。
  • 30日間無料お試し期間があり、初めての方に安心にお試しできます。

UniFab HDR アップスケーラー AIのモード

UniFab HDR アップスケーラー AIは異なる視聴シーン向けに設計される2つのHDR10変換モード:ユニバーサルとシネマを提供しています。自分のニーズに最適なモードを自由に選択できます。

screenshot-20240328-130443.png

ユニバーサルモードの場合、やや明るくなり、リビングルームのような照明制御があまり良くない環境に適しており、高い輝度はそのような環境でもビデオの細部を見ることができます。

シネマモードの場合、輝度範囲が拡大、明暗のコントラストがより顕著になり、リアルなビジュアルが表示されます。

 

图片6.png

また、シネマモードにも高速、高画質という2つ異なった重点を置きました。高速の場合は、品質ロスが少ない状態で、スピード早く生成できるモードです。高画質の場合は、品質を維持するまま作業します。

そのため、全体的に細部まで明るくしたい場合はユニバーサルモードがおすすめします。細部の明暗関係に気になる方には、シネマモードがおすすめです。シネマモードの高速・高画質の選択については、ご自身の需要に応じて選べばいいです。

UniFab HDR アップスケーラー AIでSDRをHDRにアップスケーリングする方法

それでは、UniFab HDR アップスケーラー AIでSDRをHDRにアップスケーリングする方法をご紹介します。

まず、UniFab HDR アップスケーラー AIをダウンロードして、パソコンにインストールしてください。真ん中の「クイックインストール」をクリックしてください。

output.png

すると、UniFabが自動的にインストールされます。進捗も表示されます。

5ba2b418-ce0d-4f5f-ae2d-29b2f37adb4c.png

インストール完了したら、UniFab HDR アップスケーラー AIを起動します。移動すると、以下のメイン画面が表示されます。メイン画面の左側にある「HDRアップスケーラー」を選択して、真ん中の「+」をクリックしてソース動画を入れることができます。

screenshot-20240328-132339.png

ソース動画を選択したら、画面が以下のようになります。詳細情報には、「HDR10」と表示しています。SDRをHDR10にする意味です。

screenshot-20240328-132432.png

また、UniFab HDR アップスケーラー AIではモードの選択もできます。右側の「設定」をクリックすると、このような画面が表示されます。「出力・ビジュアル・モード」の項目で、「シネマモード(高速)」、「シネマモード(高画質)」、「ユニバーサルモード」が選べます。

screenshot-20240328-132459.png

お好みに応じて、モードを選択して出力することができます。設定が完了したら、下の保存先をチェックして、「開始」ボタンを押せば、UniFab HDR アップスケーラー AIが自動的に作業をします。

screenshot-20240328-132553.png

しばらく待つと、操作が完了します。初心者にとって、UniFab HDR アップスケーラー AIは操作が簡単です。

古い機種のGoProだけでも、最新機種のHDR画質に変換することができて、実際にお得ですね。ぜひ、試してください。

まとめ

本記事では、現在ショートビデオの撮影で大ヒットのGoProについて詳しく説明して、各機種に対しても比較して、おすすめの使用シーンについてまとめました。でも、GoPro HERO 12 BlackだけがHDR機能がサポートされていますが、この機能を利用したいが、GoProの旧機種がお持ちの方にとって、HDRだけで下取りするにはもったいないですよね。その場合は、筆者がおすすめするUniFab HDR アップスケーラー AIで撮影した動画をHDRにアップスケーラーしてみれば?驚きますよ!

IT機器、ガジェットの最新モデルをキャリアのベテランが辛口レビュー。使いこなしなどのワザもお届けします!わかりやすさをモットーに紹介しています。映画ファンなので、お得により良い視聴体験を得る情報も発信します。